読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くうねるあそぶ。

写真と謎解き、ときどき青森。

2016/10/18 しゅんしゅんDisco@神保町花月

こんばんは。最近週1ペースで劇場に足を運んでいるためお財布がお寂しいうたかたです。

今回はしゅんしゅんクリニックPさんの単独イベントである「しゅんしゅんDisco」の軽いレポというか感想を書いていきたいと思います。

 

前説はしゅんPさんがよく面倒を見ているという後輩のひらきっぱなしさん。しゅんPさんが医者芸人であることから尿瓶を持っての登場(笑)拍手の練習をするときに、樽見さんのモノマネ三連発の後に拍手をしましょうとお願いが。そのあとに声真似三連発からの拍手もやってました(笑)

 

前説の後はいよいよ本番。しゅんPさんがサングラスをかけてド派手な衣装で都内を練り歩くというオープニングムービーが流れました(笑)たぶんDiscoだからなんでしょうね。

 

ムービーの後には今日の司会役のお二人の登場。サンシャイン坂田さんとランパンプス寺内さん。しゅんPさんと同期(東京NSC16期生)ですね。

前説でも言っていましたが、今日はしゅんPさんの大学時代のお友達が来ていたのだとか!すごいですね、お医者さんがたくさんお笑いの劇場に来る日が来るなんて…。

また、前回の単独「しゅんしゅん劇場」ではネタを10本やったそうですが、今回は4本。1人でネタを10本もやるなんてピン芸人は狂ってますね、なんておっしゃる二人。

今日の流れはしゅんPがネタを2本をやり、先輩であるゲストの西村ヒロチョさんのネタ披露ののち、しゅんPさんのネタ2本、そしてまたまた先輩であるゲストのセクシーパクチー小野さんとてのりタイガームラジュンさんの漫才(今回だけの特別コンビです!)を披露してコーナーへ行くという感じでした。

しゅんPさんのネタはフリップ芸(有名な歌の歌詞のワンフレーズを出したのち、その歌詞から病名を判断するというもの。)、ギターを使ったもの、医療とエクササイズを混ぜたもの、みたいなもので、しゅんPさんが全力で踊ってました笑 確か少年隊の「仮面舞踏会」にのせて踊ってたかな…?記憶がうろ覚えですみません…。

 

ムラジュンさんと小野さんの漫才は「白雪姫」。ヒロチョさんは鉄板のロマンティックでした笑

全てのネタが終わり、出演者が全員ステージ上へ。ムラジュンさんと小野さんが、「自分の単独ライブでネタ書いて先輩にそのネタやってもらうって聞いたことない!逆ならまだしも。」的なことを言っていました笑

漫才の感想を聞かれると、いつもみたいに痛くなかった。とムラジュンさん。このペアが評判だったら、二人でこれからは二人で漫才やって、みずき(てのりタイガー渡邊さん)とゆきえさん(セクシーパクチーゆきえさん)でプロレスやってもらおうか、なんてお二人で話していました。

最後はコーナー。「しゅんPプロデュース」。しゅんPさん売れるために、先輩であるムラジュンさん、小野さん、ヒロチョさんにそれぞれしゅんPさんをプロデュースするポイントを発表していくというもの。

ムラジュンさん「ファッション」、小野さん(忘れましたごめんなさい‼)、ヒロチョさん「音楽」。

一番しゅんPさんがピンと来たのはヒロチョさん。逆に一番ダメだったのはムラジュンさん笑 罰ゲームとして謎の物体(せんぶり)を飲んでいました。

当初は医療用のはさみで鼻をつまみながら飲む、というものでしたが、あまりに痛すぎるのでなしになりました。

「え、痛いかな。」

と言いつつ自分で鼻を挟んでみるしゅんPさん。試してなかったの⁉と周りからの声。

そしてエンディング。ヒロチョさんが最近PPAPに負けている、という話から、しゅんPさんによる「メスパイナッポーアッポーメス」なるネタが誕生してました笑

 

 とまあ、簡略的かつ覚えている部分だけのレポでした。完全に備忘録。(しかし覚えていない→)

次回はちゃんとメモとるか、記憶が鮮明なうちに書こう笑